海外旅行保険適用の事故に遭う確率は28人に1人!=トリップアドバイザー調べ

14

トリップアドバイザーでは、旅行に関するさまざまな情報をインフォグラフィックにして毎週公開する「トリップグラフィックス」の第47回として、「海外旅行保険、事故データに見るトラブルの傾向」を公開しています。

海外での病気、ケガ、事故などに備え、海外旅行保険に加入したり、クレジットカードの付帯の保険を確認したりしてから海外に出かける方も多いはず。

海外旅行保険事故に遭う確率は、3.58%。1000人中約36人、つまり28人に1人が海外旅行中に事故に遭う割合になるのです。

ヨーロッパ・アフリカは携行品損害が多い!

34

保険補償項目で事故内容の内訳をみる限り、トップ3は治療・救援費用、携行品損害、旅行事故緊急費用。

旅慣れた人が多いと思われるアフリカでも、盗難などの携行品損害は多め。一方で、旅行事故緊急費用は少ない印象。

また、オセアニアなど治安の良い土地の場合、携行品損害や旅行事故緊急費用が少ないかわりに、ちょっとじた事故やケガ、病気も含まれる、治療・緊急費用の割合が高いようです。

その他に含まれるのは、賠償責任や旅行変更費用などになりますが、割合的にはとても低いようです。

詳細はこちら