【搭乗レポート】東京(成田)⇒福岡/エアアジア JW8541便(エコノミークラス)

b12

先週に続いて、エアアジアの成田 ⇒ 福岡 JW8541便に搭乗したので搭乗記。

この日のチケットは、キャンペーンで運賃2,980円/片道で購入したチケット。キャンペーンの内容については以下エントリにて。

先週(10/19)に利用したエアアジア JW 8541便の搭乗記は以下エントリにて。

同じ時間・同じ便の利用だったけれど、先週と違うのは、エアアジアの搭乗待合室が暫定ながらも利用が可能になった事で、荷物検査後も屋内施設で搭乗を待つ事が出来るようになって、搭乗待ちの時間が以前と比べて快適になったこと(^ ^)

エアアジア チェックインカウンター付近

b

先週までと異なり、ドキュメントチェックの場所がより奥の方に移動していた。

受託手荷物預け入れ&有人のチェックインカウンター

b2

今回も受託手荷物なし&Webチェックインを済ませての利用だったので、チェックインカウンターを利用する事は無かったけれど、チェックインカウンターが以前より立派になっていた。

ドキュメントチェックのポイント

b3

ここで、搭乗券に『確認印』が押される。

飛行機まではバスで移動する

b11

前回の搭乗時と同様に、搭乗口から飛行機まではバスで移動する。

シートは3×3の配列

b13

写真はホットシート(座席指定料が高い席)。

機材はA320-200型機で、シート配列は「3×3」。

AirAsia CAFEで購入した缶コーヒーが飲める

b15

機内では、成田空港に新しくオープンした暫定施設に併設されている、『AirAsia CAFE』で購入した飲み物を飲むことが可能。

【関連記事】エアアジアジャパン、成田空港国内線待合室を専用施設に移転!併設施設で購入の飲食物が機内持ち込み可能に!

機内販売でオリジナルキーチェーンを購入してみた

b16

機内販売で、エアアジアのオリジナルキーチェーンを購入してみた。500円/1個。

ホットシート以外はほぼ満席

b17

ホットシート以外はほとんど満席で、搭乗率は80%程度だった。

福岡国際空港到着後はボーディングブリッジからターミナルへ移動

b18

前週の金曜日に搭乗したJW8541便は、平日の早朝便という事もあって搭乗率が40%程度だったけれど、この日は土曜日の朝便という事で搭乗率は高く、ホットシート以外はほとんどの席が埋まった状態だった。

前週のJW8541便では、かなり空席が目立っていたので、成田発着の早朝便はあまり座席が売れないものかと思っていたけれど、この日はかなり空席が少なかったので少し安心(^ ^)

今回は01:30に新宿西口を出るバスを利用したけれど、05:00ぐらいに東京近郊を出発するバスがあれば、6時過ぎに成田空港に到着してあまり時間を余らせずに7:00頃の飛行機に搭乗出来るので、この時間帯のバスの増発にも期待したいところ。

エアアジアは新しい施設が完成したこともあって頑張って欲しいなと(^ ^)

(搭乗日:2012年10月27日)

本記事は、ブログ「shimajiro@mobiler」さんからご寄稿いただきました。Traicyでは、搭乗レポートを募集しております。