Scoot、ボーイング787型機を20機導入し現行機と置き換えを発表

scoot5

2012年10月29日に、東京/成田〜台北/桃園〜シンガポール線に就航する、シンガポールのLCC・Scoot(スクート)は、最新鋭機のボーイング787型機を20機導入すると発表しました。同機は、シンガポール航空がボーイングにオーダーしたものの一部。

ボーイング787型機は、2014年から導入される予定で、シンガポール航空からリースしている、現行機のボーイング777-200型機との交代を行うとしています。

Scootは、現在、4機のボーイング777−200型機を運航しており、9都市に就航。2014年以降、さらなるネットワークの拡大が行われることが予想されます。

詳細はこちら