【搭乗レポート】シンガポール⇒クアラルンプール/エアアジア AK716便(エコノミークラス)

P1040932

今回搭乗したのは、エアアジア716便(AK716)。シンガポール~クアラルンプール線です。

ドキュメントチェックは45分前まで

P1040923

筆者は、タイガーエアウェイズでターミナル2に到着後、荷物を預けて市内観光をしていたのですが、空港到着がぎりぎりになってしまいました。

エアアジアの発着ターミナルは、ターミナル1。ターミナル2からシャトルで到着すると、すぐ目の前で助かりました。

ウェブチェックインを行い、搭乗券を持っていても、パスポートなどのドキュメントチェックは45分前までですので注意が必要。

ラストコールは早め

P1040931

ウェブチェックインを行い、印刷した搭乗券だと、ゲートが空欄になっているので、電光掲示などで確認してゲートに向かう必要があります。

ラストコールは早めです。出発30分以上前からラストコールになりますが、かなり並んでいる人がおり、結局、全員がさばけたのは出発10分前でした。

機内はかなり埋まっていました

P1040935

機材は、エアバスA320-200型機。シート配列は「3-3」です。

時間帯が夜ということもあるのか、ビジネスというよりも観光客風の人が多く、日本人も搭乗していました。8割以上の搭乗率。

座席ポケットには

P1040936

座席ポケットには、スナックメニューのカタログ、機内販売カタログなど、6つほど入っていました。

エアアジアグッズも販売しており、日本を発着するエアアジアXでは販売していないグッズもありましたので、欲しい!という人は早めにチェックです。

定刻で到着

P1040945

定刻でクアラルンプールに到着。ターミナルまでは歩いて移動します。 

シンガポール~クアラルンプール線は、エアアジア、ジェットスターグループのバリューエア、タイガーエアウェイズのLCC3社がひしめく、競合路線。

セールも頻繁に行われており、どれが安いのかは、予約画面比べてみないとわからないくらいですので、よく検討すると良さそう。