シンガポールのLCC、タイガーエアウェイズとScootが提携

27

東京/成田〜台北/桃園・シンガポール線に、2012年10月に就航するScoot(スクート)と、シンガポールをベースに短距離線を運航する、タイガーエアウェイズの両社は、販売協力を行うことで合意しました。

Scoot、タイガーエアウェイズともに、シンガポール航空が出資したLCC。Scootは、シンガポール発着のオーストラリア・中国・台湾線などの中距離線に就航し、中型機のボーイング777型機を運航しています。タイガーエアウェイズは、東南アジアの短距離線を中心に、90便を運航しています。

タイガーエアウェイズは、Scootのシンガポール〜シドニー・ゴールドコースト線の販売を行い、Scootは、タイガーエアウェイズのシンガポール〜ホーチミン・プーケット・クアラルンプール線の販売を行います。

タイガーエアウェイズは、シンガポール・チャンギ空港のターミナル4建設に伴い、ターミナル2に移転を行いました。Scootもターミナル2発着となることから、乗り継ぎの利便性が高まります。 

詳細はこちら