【搭乗レポート】福岡⇒東京(成田)/エアアジア JW8542便(エコノミークラス)

22

エアアジアジャパンJW8542便、福岡〜東京(成田)に搭乗したので搭乗レポート。

出発口通過前に、係員からスタンプをもらう!

11

エアアジアの場合は、WEBチェックインした搭乗券で搭乗する際には、エアアジアの係員からハンディスキャナーでのバーコードの読み取りと、チケットの控えを切り離してホチキス止め、航空会社確認のスタンプを押してもらう必要があります。

それがないと荷物検査に進めず、制限エリアに入れませんので忘れずにもらいましょう。

機材は2号機

57

福岡空港の発着ターミナルは、第一ターミナル。地下鉄の出口から少々歩くので注意が必要。

前日の同便は1号機でしたが、今日は2号機で運航されていました。内装などには特別な変化はないですが、外装が今のところ2機で異なっています。

搭乗は高齢の方や子供連れ、ホットシートの乗客から行われます。

6割以上の搭乗率

33

定員は180名ですが、思いのほか搭乗している人はいました。また、購入し、WEBチェックインしているにもかかわらず、搭乗しなかったノーショーの旅客が数名いるようで、その方を含めると7割程度と思われます。

座席下に荷物を置かないのがポイント?

48
 
筆者は170cm前半と、日本人の平均くらいですが、やはり窮屈感は否めません。座席下に荷物を置くのと置かないのでは、窮屈感はだいぶ違います。貴重品以外はできるだけ上の棚にいれちゃいましょう。

客室乗務員呼び出しボタンなどは頭上

11

客室乗務員の呼び出しボタンや、通風口、読書灯などは頭上にあります。まだ新しい機材なので、すべてが綺麗に保たれていて気持ちがいいです。

空飛ぶレッド第一号、ベーグルを食す!

34

事前予約ができない、機内限定のシリーズ「空飛ぶレッド」第一号となる、サーモンベーグルとスープのセットを注文しました。800円で、現金のみの取り扱い。

53

中身は、オニオンとサーモン、レタスが挟まれており、おいしいです。スープはメニューの写真と違って 具材がないのが残念。

このボリュームで、800円前後なら気軽に頼んでしまいそう。特に、沖縄線などは、長距離なのでお腹すきますし。
機内では、持込みの飲食物は飲食できません。

定刻で到着

33

成田空港には定刻で到着。到着と同時に、交代のクルーが乗ったバンが到着し、その後バス2台が到着。前後から降りてバスに乗り込みます。

キャンペーンなどですと、札幌や福岡往復が1万円程度ですので、気軽に旅行に出かけられるようになりました。2時間くらいですので、充分我慢できますし、成田へのアクセス手段もかなり良くなりましたので、度々利用しそうです。