AB-ROADが、エアライン満足度調査2012を発表!1位は…

27

リクルートが運営する、旅行サイト「AB-ROAD」は、エアライン満足度調査2012の結果を発表しました。

この調査は、2011年に海外渡航を行った人を対象に、インテージネットモニターとYahoo!リサーチで実施したとのこと。調査人数は4,354人。

総合満足度トップ10をご紹介します。

10位 アシアナ航空(3.96ポイント)

01

全体的によかった、不満はないという意見が多数で10位にランクイン。

日本の地方都市〜ソウル線が多く、地方在住者にとっては便利なエアラインの一つ。

9位 ヴァージン・アトランティック航空(3.98ポイント)

VR

空港職員、客室乗務員の評価が上がったものの、前回調査の4位から大幅にランクダウン。

8位 タイ国際航空(4.00ポイント)

01

トップ10圏外から大幅ランクアップ。航空機の機材・設備、客室乗務員、空港職員の面で大きくポイントを伸ばした。

7位 ニュージーランド航空(4.02ポイント)

27

今回初登場のニュージーランド航空。全部門で8位以上に食い込むなどの躍進。

エコノミークラスでも、ワインの選択肢が他社ビジネスクラス並みに豊富で、アイスクリームなどの軽食も充実しており、機内飲食部門では5位。

6位 日本航空(4.05ポイント)

34

定評がある、客室乗務員、空港職員部門に加え、機内飲食や、機内エンターテインメント部門で大きくランクアップ。前回17位からトップ10入りを果たした。

5位 エアプサン(4.10ポイント)

02

LCCとして初のランクイン。前回の調査ではランク外でしたので大躍進です。

成田・関西〜釜山線では、機内食とドリンクの無償提供や、豊富な免税品や事前オーダーサービスなどLCCとは思えないサービスと低価格が人気の秘密のようです。

4位 ルフトハンザドイツ航空(4.12ポイント)

52

成田・関西・中部〜フランクフルト線を運航する、ルフトハンザドイツ航空。騒音が静かだと人気のエアバスA380型機を就航させ、機内インターネットサービスなども提供しています(有料、24時間19.95ユーロ)。

3位 ANA全日空(4.16ポイント)

46

日本の調査ですのでやはり強いのは、日本の航空会社。ANAがランクインしました。

ボーイング787型機のローンチカスタマーとして、2012年に導入。現在では多くの路線に就航させており、話題になっている機種のひとつ。

日本式のサービスや機内食は、やはり日本人には人気ですね。

2位 エミレーツ航空(4.19ポイント)

25
 
成田線にエアバスA380型機を就航させたエミレーツ航空。

サービスには以前から定評があり、この調査では前回1位でした。

ファーストクラスでは、機内でシャワーを浴びることができるなど、斬新なサービスと豪華な設備が人気のようです。また、航空券もあまり高くなく、ヨーロッパ各地への乗り継ぎの利便性も比較的良いです。

1位 シンガポール航空(4.33ポイント)

33
 
1位はシンガポール航空。日本〜シンガポール線だけではなく、成田〜ロサンゼルス線にも就航。燃油サーチャージも日系・米系航空会社より割安に設定されています。

東京〜シンガポール線は毎日4往復運航されており、ビジネスでも観光でも使い勝手が良いのも人気の理由。 

また、シンガポール・チャンギ空港は乗り継ぎや入国の際の利便性が良く、ヨーロッパや中東、オセアニア各地への乗り継ぎでの利用も便利です。

全6部門中5部門でトップ、機内エンターテイメント部門だけ唯一2位という、素晴らしい成績です。

他にも、LCCのエアアジアXが16位とLCCも健闘しており、来年以降の調査でPeachや、国際線に就航するエアアジアジャパン、ジェットスタージャパンがどのような結果になるのか注目です。