シンガポール航空、成田発着全便をエアバスA380型機に!

33

シンガポール航空は、一日2往復4便を就航させている成田〜シンガポールの全便を、2012年12月28日〜2013年3月24日までの間、全席二階建てのエアバスA380型機で就航すると発表しました。変更となるのは、SQ637/638便。

ダイヤ

  • SQ637 成田(11:10)〜シンガポール(17:45)
  • SQ11 成田(20:50)〜シンガポール(3:25+1)
  • SQ638 シンガポール(23:55)〜成田(7:55+1)
  • SQ12 シンガポール(9:20)〜成田(17:05)

シンガポール航空のエアバスA380型機は、成田〜ロサンゼルス間にも就航しており、計6便がエアバスA380型機での運航となります。

A380型機は、機内での騒音が少なく、他の機種よりシートピッチが広めですので、シンガポール発深夜便ではぐっすりと眠れそう。また、全席に電源を完備しているので、ビジネスでの利用にも向いています。

これに伴い、シンガポール〜フランクフルト〜ニューヨーク線の機材が、B777-300ERに変更となります。

詳細はこちら