7月7日、マカオ航空が「摩訶割Lucky7」を発売か!?

am1

マカオ航空は、毎月7日の「マカオ航空の日」に合わせて、7月7日、昨年も発売を行った「摩訶割Lucky7」を発売するかもしれませんのでお知らせします。

昨年2011年7月7日は、成田ーマカオ線を7,700円(燃油サーチャージ、税別)で発売。瞬く間に売り切れました。その後、今年2012年3月21日にも「摩訶割Lucky7」を発売し、好評でした。

マカオ航空ホームページでは、

7月7日 この日は例の日です。
来月は7月7日、7・7の日と言う事は、またあれが来るか!

今回は、マカオ航空のマイレージ会員のみの特典、まずは、会員になろう!

と記載されています。そう、昨年「摩訶割Lucky7」が発売された”例の日”です。

おそらく、これほど勿体ぶった書き方ですので、アレが来るのでしょう。

ちなみに、7,700円で発売された場合、成田線では、

運賃 :7,700円
燃油サーチャージ:14,000円
マカオ出入国税 :1,100円
日本出入国税等 :2,540円
取扱手数料 :1,050円
合計 :26,390円

となります。

香港のパックツアーですと、2〜3泊付きで3万円〜3万5000円程度でありますので、旅程次第では必ずしも最安とは限りません。1日観光を抜くコースもありますし、現地の受託旅行会社がツアーを行っている場合、5,000円程度を払えばキャンセルもできるところもあります(日本ではダメと言われても、現地ではOKと言われることも。)

また、成田行きの場合、復路のマカオ発が朝9時半ですので、香港宿泊の場合は遅くても5時半〜6時のフェリーで香港を出る必要があります。フェリーは欠航のリスクもありますし、最終日はマカオで過ごすほうが安全。ただし、マカオのホテルは比較的値段が高いです。

予約する予定の人は、マカオ航空ホームページから忘れずにマイレージ会員登録しておきましょうね。 

詳細はこちら