【搭乗レポート】プーケット→クアラルンプール/マレーシア航空787便(エコノミークラス)

54

今回搭乗したのはマレーシア航空787便、クアラルンプール空港行きです。

プーケットからは、エアアジアでクアラルンプールまで行く手段が一番安いと思われがちですが、預け入れる荷物の量を考えると、マレーシア航空のプロモーション運賃のほうがLCCより安く、マイレージが貯まり、機内食も出てくるので、今回はマレーシア航空を利用しました。

チェックインは、エコノミー・ビジネスのチェックインカウンターと、すでにWEBチェックイン済みで荷物を預けるだけの人用のカウンターに分かれています。かなり並んでいました。

2時間前までにはチェックインを!

11

出発は10時半でしたので、8時半過ぎに空港に到着しましたが、荷物預けに約30分かかりました。出国後は、マッサージやおみやげ店、飲食施設もありますので、できるだけ早めに到着したほうがよさそうです。

搭乗券は感熱紙

BlogPaint

チェックイン時に、ANAのマイレージカードを提示したところ、チェックイン業務を受託しているタイ国際航空の係員「スターアライアンスではないのでダメ」と言われました。

ANAとマレーシア航空はマイレージの提携を行っています(現在は終了)ので、積算されるはずと言い、カード番号を入力してもらいました。係員が把握していないことがありますので、きちんと申し出ましょう。

預け入れ手荷物は20キロまで。旅も中盤なので、増えたお土産の量を考えるとかなりうれしいです。座席指定はオンラインでは有料でしたが、チェックインしたところ並び席になりました。

運賃は2760タイバーツ(約6,900円)でした。

機材は新型!

08

機材は、B737-800型機。予約確認表にはB737-400型機と記載していましたが、新しい機材になっていまいsた。シート配列は「3−3」です。

搭乗は30分前ごろから始まり、順に機内に案内されます。

搭乗率は7割ほど

23
 
搭乗率は、意外にも7割以上でした。

おそらく、クアラルンプールから乗り継ぎの方と思われる欧米系の人が多く、エアアジアですとLCCTに到着し不便なことから、マレーシア航空を選んだのではないかと思われます。

飛行時間はわずか1時間25分ですが、全席にモニターが付いています。日本語コンテンツも利用可能でした。

機内食も!

37

機内食は、スティック状のパイと、お菓子の入ったボックス。客室乗務員がドリンクとともに手際よく配布していきます。

59

お菓子のボックスには、ピーナッツ、パウンドケーキ、ハーシーズ、水の4つが入っていました。組み合わせがなんとも微妙。。。

定刻でクアラルンプール国際空港に到着

16

定刻でクアラルンプール国際空港に到着しました。

LCCターミナルがエアアジアの赤一色だったのに比べて、メインターミナルはマレーシア航空がたくさん駐機していました。

簡素なサービスのLCCもいいですが、機内食や機内エンターテイメントが充実しているレガシーキャリアにも頑張っていただきたいものですね。