【搭乗レポート】シンガポール→プーケット/タイガーエアウェイズ2158便(エコノミークラス)

14

シンガポール航空系列のLCC、タイガーエアウェイズでプーケットまでの移動には、タイガーエアウェイズを利用しました。

キャンペーンのため、15キロまで預入手荷物が無料だったため、エアアジアよりも安く移動ができました。運賃は、支払手数料を含めて58SGD(約3,600円)。飛行時間は1時間45分ですので、東京ー札幌より少し長いくらいの距離です。

発着は「バジェットターミナル」

07

タイガーエアウェイズは、エアアジアとは違い、バジェットターミナル発着。大きな倉庫のような空間にある搭乗手続きカウンターでチェックインします。機械はなく、全員カウンターに並ぶ必要があります。

搭乗手続きが始まる前に到着してしまったため、マクドナルドで時間を潰しました。そのように過ごしている人も多く、電源が取れる席もあったため重宝しました。

搭乗券はレシートタイプ

BlogPaint

搭乗券はレシートタイプで、2枚綴りとなっています。上のレシートには受け取り時にサインをする必要があり、搭乗時はサインがあるほうが回収されます。

搭乗待合スペースはWi-Fi無料!

36

荷物検査と出国審査を進むと、大きな搭乗待合スペースになっています。

おみやげ品の店の他、テレビとイスが置いてあるエリアもあります。イスの横からテレビの音声が出ているので、流れているスポーツ中継もすごく臨場感たっぷり。

搭乗口は座席エリアごとに並ぶ仕組み

00

搭乗ゲートでは、前方、中央、後方の座席別に並ぶようになっています。

後方から順に飛行機まで徒歩で搭乗します。

機体はエアバスA320型機

20

LCCではおなじみのエアバスA320型機。タラップは前方1ヶ所のみです。 シート配列は「3−3」。通路は1本なので混み合っているかと思いましたが、搭乗率は6割程度でしたが案内順が徹底されていたので、通路は混み合っていませんでした。

44

座席はレザー製ではなく布製。ヘッドレストカバーはありませんでした。

シート間隔は狭くはない感じです。エアアジアもタイガーエアウェイズも、平均的身長であればあまり苦痛ではないと思います。

座席ポケットにはメニューと安全のしおり

05

座席ポケットには、安全のしおり、メニュー、ゲロ袋の3つのみが搭載されています。

54

飲食物のメニューは、「tigerbites」。

31

飲み物は、コカコーラなどの缶飲料と、ミニッツメイド、Qooのペットボトルなどのソフトドリンクは一律で3SGD(約190円)。アルコールは、ビールとワインは6SGD(約380円)となっています。

意外と手頃な価格です。もちろん、ホットミールなどもあります。

機内では入国カードはもらえず、到着後にもらって書くようになっていました。

サービスはエアアジアに比べて簡素な感じがしました。エアアジアは機内誌も積んでいますが、タイガーエアウェイズは以上の3つのみ。もちろん、エンターテインメントもないので、本や雑誌の1冊は持っていくことをオススメします。