【搭乗レポート】マニラ⇒東京(成田)/ジェットスター79便(エコノミークラス)

42

ジェットスター、マニラ線の復路です。(往路:成田⇒マニラ線はこちら

マニラ線は、成田発マニラ経由ダーウィン行きとして運航しているので、ダーウィンから機材が到着するのは、午前5時55分。1時間の機内清掃を経て搭乗することができます。

当然、ダーウィンの出発が遅れると玉突きで遅れるので、ジェットスターのホームページ、発着案内でチェックするとよさそうです。

掲示板にジェットスター成田行きがない!

26

発着するのは、ニノイ・アキノ国際空港の第一ターミナルです。

ターミナルに入るには、パスポートとEチケットの控えが必要です。必ず控えのコピーを持参しましょう。 また、チェックの後は荷物検査を経て、やっと空港の建物内に入ることができます。

フィリピン人は荷物が多い人が多く、通過だけで10分以上かかりましたので、余裕を持って空港に行きましょう。

ターミナルに入ったあと、チェックインカウンターを確認しようとすると、ジェットスター成田行きが表示されていません。 よくみると、ダーウィン行きになっていました。

チェックインもかなり並ぶ

46

かなりの人数が、チェックインに並んでいます。しかし、成田行きと関西行きはこの列ではなく、別レーンで案内されました。

それでも、チェックインまで30分以上かかりましたので、やはり余裕を持って空港に到着しましょう。

搭乗口へ

15
 
チェックインと荷物の預け入れを行ったあと、空港税(550ペソ:2012年5月現在)を支払います。VISA、Master等のクレジットカードの利用も可能です。また、米ドルでの支払いもできます。

空港税支払いを行うと、レシートと搭乗券の裏に証明が貼られます。

その後、出国審査、手荷物検査の順で通過します。出国用紙はチェックインカウンターに置いてあるので、忘れずにもらいましょう。手渡してはもらえませんでした。

搭乗口は9番。パタパタ式の表示機は機能していません

階段を降ると、搭乗口専用の待合所に繋がっており、待合所に入る前に搭乗券のチェックと、手荷物検査が行われます。飲み物類はすべて没収ですので、免税店で購入してはいけません。

これは、オーストラリア・ダーウィンからの乗り継ぎ客にも当てはまるようですので、注意が必要。

機内はフィリピン人がほとんど

06

筆者はウェブチェックインで、出発の5時間前に20Aの座席を指定しました。隣や前後はほとんど空席で選択できましたが、ほとんどがフィリピン人に囲まれてしまいました。

おそらく、フィリピン人の方は、ウェブチェックインする人の割合が少なく、当日指定されるからではないかと推測されます。日本人やアメリカ人は前方にいることが多かったです。

機内はかなりうるさい

25

行きと同じく、シート配列は「3−3」のエアバスA320型機。

乗客の多くがフィリピン人家族。運賃が安いということもあり、フィリピン航空などから流れているのではないかと思われます。赤ちゃんが多く、泣き声がかなりうるさかったです。

また、機内でのマナーも良いとはいえません。これを避けるには、有料で指定する人は少ないと思われる、「アップ・フロント・シート」(2〜5列目・1,500円)、「エクストラ・レッグ・シート」(1列目・3,000円) を指定するといいでしょう。

成田空港の到着スポットはサテライト側

46

成田空港には、12時15分に到着します。スポットは79番で、出発時と同じ。サテライト側の端であるため、かなり歩きます。この点でも、急いでいる人は、前方を指定すべきでしょう。

マニラへの移動という点では、ジェットスターはアリかと思われますが、オーストラリア・ダーウィンまでは、ちょっと耐え難いと思います。どちらも夜行便で飛行時間が中途半端であることや、客層、機材の狭さが理由。オーストラリアへは、ケアンズ・ゴールドコースト直行便をオススメします。