気軽に買える!世界のSIMカード 〜シンガポール/SingTel編〜

58

シンガポールでの通信には、SingTelのSIMカードを利用しました。

空港ではなく、インターコンチネンタルホテル近くのショッピングモールにある、Singtelのショップで購入。パスポートが必要です。

選択肢は1種類しかなく、値段は18SGD(約1,120円)。15SGD分利用ができます。

このSIMの通信料は?

58

このSIMの通信料は、

  • データ通信定額 6SGD(1日/約380円)、15SGD(3日/約940円)
  • 通話料 8〜16¢/分
  • SMS 5¢/通
  • 国際SMS 5〜15¢/通(容量によって異なる)
  • MMS 11〜86¢/通(容量によって異なる)
  • 国際MMS 20¢〜1SGD/通(容量によって異なる)

となっています。

筆者はわずか1泊2日の滞在で、電話等はする予定はなかったので、データ通信定額の1日プランを2日間利用しました。データ定額の利用は、通信の前にSMSで宛先の電話番号を「3」にし、本文空欄で送信すると、メールが届きますので、案内に従って登録します。

どこで買える?

14

市内のSingTelのショップの他、チャンギ空港では銀行の両替所で取り扱いをしています。いろいろな会社のSIMカードがありますので、SingTelのものを選んで買いましょう。ただし、18SGDのSIMカードは売り切れの場合もかなり多いそうです。

ちなみに、チャンギ空港よりも市内の店舗のほうが、ノベルティグッズなどがもらえるのでお得です。筆者は、AngryBirdsのタンブラーをもらいました。

どうやって使うの?

利用方法は簡単。

  1. SIMカードを台紙から切り離し、電源を切った携帯電話に入れます
  2. 携帯電話の電源を入れます
  3. 上記だけで、APNが自動設定されましたが、されない場合は下記を設定画面等で入力

【セットアップ方法】 

APN:hicard
Username:空欄

Password:空欄

データ通信を利用する場合は、SMSで宛先電話番号「3」に空メールを送って、メールに記載の手順を踏んでください。

いかがでしたでしょうか。シンガポールは、どこでもほとんど3Gの電波を掴むので、使っていてかなり快適でした。Wi-Fiルーターに入れて、スマートフォン2台から同時に通信させてもそこそこ快適でしたので、友人とシェアすればさらに安く利用できそうです。