知らなきゃ絶対損!米ドルやユーロなどへの両替は、空港よりもマネーパートナーズが便利でお得!

2-003

米ドルとユーロは、日本の銀行で両替をすると良いと以前ご紹介しましたが、日本の銀行でもかなりレートは悪いです。ニュースの最後でよくやっている外国為替相場からは、売り買いそれぞれ2.5〜3円づつ離れています。

つまり、外国為替相場が80円のとき、買いは83円・売りは77円ということです。銀行の利益はこの差なわけですが、旅行者としてはなんとかして節約したいものですよね。

そんな中、FX会社のマネーパートナーズが行っている、かなり斬新な外貨受取サービスが非常にお得なのでご紹介します。

マネーパートナーズのFXですと、リアルタイムレートとの差はなんと最低20銭と格安。1000ドル当たり約3800円、最大98%もマネーパートナーズのほうがトクなのです。

33)

利用方法は簡単。FX口座を開設して、銀行口座からお金を入金します。口座維持費などは一切無料です。

FXというと怪しいイメージがある人も多いと思いますが、それはかなり昔の話。最近は規制で怪しい業者は淘汰され、資金力がある会社しか残っていないのが現状です。

対象の通貨は、米ドル、ユーロ、スイスフラン、英ポンドの4種類。アジア圏を除けばほとんど網羅されています。(豪ドルも対応して欲しいですが…。)

ここでは、ちょっとややこしい外貨受取りの申し込み方法をご紹介します。

利用方法① WEB取引画面を見る

10)

会員専用サイトにて「WEBでのお取引」をクリック⇒WEB取引画面を立ち上げます。

利用方法② 口座管理>コンバーションをクリック

39)

「口座管理」>「 コンバージョン」をクリックし、注意事項を熟読のうえ「次へ」をクリック。

利用方法③ 両替額を入力

19)

支払い欄の「元通貨」は「JPY(日本円)」を選択。受け取り欄の「対価通貨」は両替したい外貨(例:「USD」(アメリカドル))を選択。

「金額」はどちらかに入力して⇒「次へ」をクリックします。

利用方法④ コンバーション実行

48)

内容を確認して、「コンバーションを実行」をクリックします。この時点で両替が行われます。

もし、リアルタイムレートが下がったようなら、「戻る」ボタンを押して再度③の「次へ」を押すことで、レートが更新されます。

利用方法⑤ 外貨両替(成田・関西)を選択

00

会員専用サイトの「口座管理」 > 「外貨受取(成田・関空)」を選択し、金額や受け取り期間、窓口を選択します。受け取りができる場所は、

  • 成田空港第1ターミナル 京成たびるーむ
  • 成田空港第2ターミナル 京成たびるーむ
  • 関西国際空港 トラベレックス関西空港駅店

となります。中部国際空港や羽田空港では受け取りができないので注意。

利用方法⑦ 受け取り依頼を実行する

38

内容を確認して実行します。

受け取り依頼1回ごとに手数料が500円かかりますので、注意が必要です。 

利用方法⑧ 受付番号を確認する

32

受け取りの際に必要なので、受付番号は必ずメモしてください。できれば印刷したほうが確実です。

利用方法⑨ 空港で受け取る

00)

指定した場所で受け取ります。受け取り時間に注意が必要です。

  • 成田空港第1ターミナル 京成たびるーむ(午前9時〜午後6時)
  • 成田空港第2ターミナル 京成たびるーむ(午前9時〜午後6時)
  • 関西国際空港 トラベレックス関西空港駅店(午前5時45分〜午後11時30分)
成田空港の営業時間が午前9時からですので、午前9時半までに出発するソウル、グアム行きですと受け取りができません。午前9時45分発のフランクフルト行きがギリギリといった感じ。チェックインを先に済ませる必要があり、上下移動が面倒なら諦める必要アリ。

しかし、当日受け取れないという方でも、前泊するという裏技を使えばOK。現地で10万円程度を利用するのであれば、米ドルの場合5000円程度はお得になります。前日の午後6時までに外貨の受け取りを済ませ、浮いたお金を使って、成田周辺の安いホテルに前泊するのもよいのではないでしょうか。

学校も夏休みに入り、海外に渡航される人も多いはず。まだお盆の出国ピークに間に合いますので、口座開設はお早めに。

詳細はこちら