【搭乗レポート】東京(成田)→バンコク/ジェットアジアエアウェイズ89便(エコノミークラス)

jetasia1

HISが、2012年初夢フェアの目玉商品として発売した「バンコク2012円航空券」。筆者も、発売当日は保有しているありったけのパソコンやスマートフォンを駆使して、どうにかGETしましたが、1時間程度で満席となってしまった”幻の航空券”です。

ジェットアジアエアウェイズって?

jetasia2

聞きなれない航空会社ですが、ジェットアジアエアウェイズはチャーター便を運航しているタイの航空会社です。

運航機材はB767-200で、レジ番号はHS-JAB。ユナイテッド航空で25年以上使用されたあと、タイのチャーター便を運航するスカイスター航空に売却、さらに同じくタイのチャーター便を運航するビジネスエアを経てジェットアジアで運航しています。登録からもうすぐ30年になる、かなり古い機材です。

チェックインカウンターは第二ターミナルの右端

jetasia1-1

チェックインカウンターは、成田空港第二ターミナルのTカウンター。自動チェックインはできず、パスポートを見せて、予め印刷されたA5用紙2枚つづりの搭乗券を受け取り、隣のカウンターで荷物を預け入れるという方法をとっていました。当日の座席指定はできません。

HISからのメールでは、9時集合とのことでしたが、9時20分にカウンターに行ったところ、30人程度が列に並んでおり、20分ほど並びました。チェックインは10時40分くらいまで行っています。また、先着順でビジネスクラスへのアップグレードの案内も行っており、2万円とのことでした。

預け入れ手荷物は、エコノミークラスで23キロまでのもの1個、ビジネスクラスで同じく2個となります。それ以上の場合は超過料金が取られるので注意。

チェックイン業務は、HISではなく世界各国でハンドリング事業を展開する、スイスポート社が行っています。

機内は古さが目立つ

jetasia3
 
機内はほぼ満席状態でした。燃油サーチャージを取らないことや、2012円航空券の前後に発売された20120円航空券でも大手航空会社の燃油サーチャージよりも安いことから、かなり早い段階で安い航空券は売り切れたことからも、注目度の高さが伺えます。

シート配列はちょっと狭目

jetasia9

jetasia10

シート配列は、ビジネスクラスが「2-2-2」の12席(写真下)、エコノミークラスが「2-3-2」(写真上)となっています。エコノミークラスのシートピッチはやや狭目で、170センチ後半の人にはちょっときついかもしれません。ビジネスクラスもシートはかなりくたびれている感じはありますが、フットレストが装備されています。こちらも一般的なビジネスクラスよりもシートピッチは狭目。

機材に日本語表示はなし

jetasia8

機体には日本語の案内はなく、英語・タイ語・ハングルの3ヶ国語表示でした。これは、以前機材が所属していたスカイスター航空がタイと韓国の合弁企業だったためかと思われます。

しかし、安全の案内で利用されるライフジャケットには、持ち出し禁止という日本語が。安全の案内は英語のみで行われますが、通常の案内は日本語も行われます。

安全のしおりは英語・タイ語・日本語での表示がきちんとあります。

機内食は2種類から選べる

jetasia4

ベルト着用サインが消えると、機内の後ろ側から飲み物とスナックのサービスが始まります。スナックはローストひまわりの種です。

飲み物は、コーラ・スプライト・オレンジジュース・パイナップルジュース・水は無料。ビールはアサヒとシンハーがあり、400円です

jetasia5

jetasia6

機内食はチキンとビーフの2種類。チキン(写真上)は肉厚の胸肉で味付けもGood。うどんがついていますが、味が付いておらずそのままでは食べられそうにありません(といっても、醤油やめんつゆ等はもちろんありませんが)。ビーフはタイ米でおいしいとのこと。 

パンは温かく、アップルケーキもほどよい甘さでした。 

jetasia7

到着の1時間半前には、飲み物とマーブルチョコケーキが配られます。昼食は日本時間13時半ごろですので、小腹がすいてきたところでのお菓子はうれしいです。

また、ジュースを持って客室乗務員が定期的に機内をまわりますが、頻度はあまり高くないので、ギャレーまでもらいにいくか、水等を購入してから搭乗するほうがいいでしょう。

到着前には、タイの出入国カードが配られますが、裏面に記入していない人が多く、入国審査に時間がかかっていたので、忘れずに記入しておきたいところ。

スワンナプーム空港に到着すると

jetasia11

隣には、昨年2011年に、HISのチャーター便として運航されており、燃油サーチャージ無料で話題となった、ビジネスエアが隣に駐機されていました。

飛行機はオープンスポットに駐機され、バスでターミナルに向かいます。約5分程度でターミナルに到着、入国審査に30分程度かかり、出口を出るまでに1時間程度ました。

飛行機をただの移動手段と考えるなら満足

エアアジアなどのローコストキャリア(LCC)と比べれば、預け入れ手荷物や機内食が無料とサービス面では良いかと思いますが、JALやANAなどのレガシーキャリアのように、移動中にも楽しみやサービスを求める人には向かないでしょう。

個人的には、2,012円とかなり格安で移動でき、サービスにも期待していなかったので満足です。

HIS/ジェットアジアエアウェイズの予約はこちら