Facebookプランでもヒルトン成田がさすがのサービス!ポイントもザクザク貯まる!

hilton1

ヒルトン成田がFacebookページなどで宣伝している、Facebookファン限定で1人1回に限り予約ができる5,000円のFacebookプランに宿泊してきました。

Facebookプランは、1~2名1室が5,000円(税・サービス料込み)で宿泊できるプランで、予約するにはヒルトン成田のFacebookページで「いいね!」を押してファンになる必要があり、2名1室の場合は1人がファンなら利用できます。2名の場合、2回もしくは2連泊で利用できます。

今回は2名1室でツインルームを予約。

ヒルトンホテルの会員組織、ヒルトンHオーナーズの無料でゴールドになれるキャンペーンを利用して取得したゴールドカードと、ヒルトンジャパンプレミアムクラブ(HJPC)の会員証を持って行きました。

ゴールド特典&ANAトリプルマイルとコンビで最強!

hilton3

まず、Facebook特典として、
  • プール、ジム、サウナ無料
  • レストランでの食事半額
  • ワンドリンクサービス(1階ラウンジ)
が付いてきます。

また、ゴールド特典として、
  • ヒルトンHオーナーズ1000ポイント
  • 朝食無料
のどちらかから選ぶことができ、同伴者も利用可能。ポイントは購入も可能ですので、朝食を選んだほうがお得です。

なんと無料でヒルトンゴールドVIPに!コード入力だけでOK

また、ANAマイレージクラブがトリプルマイルキャンペーンを実施しており、事前にANAのキャンペーンページから登録の上、ヒルトンHオーナーズでポイント&マイルを選択し、ANAの会員番号を入力することで、通常500マイルのところ、1,500マイルが積算されます。

ヒルトンHオーナーズもキャンペーンでさらにオトク

hilton6

ヒルトンHオーナーズも、2012年3月31日までキャンペーン中。

1泊あたり1,000ポイントのボーナスポイントが付与されるほか、ゴールド会員のボーナス、宿泊料金によって加算されるポイントを合計すると、1,678ポイント(約553円相当)でした。

なんと、この価格でアップグレード!

hilton2

さらに、ヒルトンHオーナーズのゴールド特典で、部屋のアップグレードがありますが、もちろん適用されます。

今回は、一番ランクが低い「ヒルトンツイン」の部屋が、「デラックスツイン」になりました。部屋は広く開放感があり、11階ですので見晴らしが良く、滑走路も見えます。

アメニティは「La Source」が使われていて、スプレー缶タイプの、GATSBYシェービングフォームや、ソーイングセットまで用意されていますが、カミソリが1つのみしか置いていないのは減点です。

ホテル内には、1階に生活彩家がありますが、ホテル価格になっているので京成成田駅や空港で購入するのがよさそう。

ヒルトンジャパンプレミアムクラブの割引は適用外

ヒルトンジャパンプレミアムクラブは、年会費25,000円とかなり高額ですが室料が2割引になる特典があります。しかし、今回は格安プランということもあり、フロントで適用外と言われました。

ちょっと残念でしたが、格安すぎるので仕方ないですね。

朝食も種類豊富

hilton4

朝食は、ご飯と味噌汁、納豆や味付け海苔などの和食や、ベーコンやポテトなど、多くのホテルで見かける洋食もあり、パンの種類も豊富。牛乳やヨーグルトも数種類づつあります。

窓際の陽の当たる場所にあり、開放感があります。

空港や京成成田駅までのバスも

hilton5
 

空港や、京成成田駅までのバスも1時間に1~2本は運行しており、イオン成田ショッピングセンターも経由することから、昼間にチェックインし、買い物を楽しむことも可能です。

今回は、21時半ごろの京成成田駅発のバスを利用しましたが、イオン成田ショッピングセンターと、ヒルトン成田を運営するグループのイシングループの他のホテルも経由するため、40分ほどかかりました。バスもイオンの閉店時間と重なることもあり、アジア系の観光客で立ち客もでる満席状態。 

結論

ヒルトン成田は通常プランでも、ツインの場合は最安9,000円、HJPCで2割引なら7,200円ですので、一人3,600円

プール無料等の特典は付きませんが、この値段ならANAクラウンプラザホテル成田の株主優待価格よりも安く、アメニティやサービス、部屋のアップグレードも受けられ、マイルやホテルのポイント、朝食まで付くのですからヒルトン成田に泊まらない理由はありません。

ANAクラウンプラザホテルは古さも目立つ上、最近、株主優待価格の値上げも行いましたし、PriorityClubのポイントキャンペーンがなければきっと再度泊まることでしょう。