HIS初夢フェアで大注目、ジェットアジアエアウェイズを完全調査!

jetasia

HISが、2012年初夢フェアで販売することを発表した、「バンコク2012円航空券」。燃油サーチャージがかからず、税金を入れても往復1万円以下という激安価格ということから、1月5日12時の発売開始後、即完売となることが予測されますが、ついに航空会社がジェットエアウェイズと発表されました。日本初就航となる、ジェットアジアエアウェイズがナニモノなのか、徹底レビューします。

ジェットアジアエアウェイズとは?

jetasia2
ジェットアジアエアウェイズ(Jet Asia Airways)は、2009年、タイで設立された航空会社で、ボーイング767-200型機を4機保有しています。うち3機はユナイテッド航空等で使用された後、1機はJALから中古で購入して機材で、機齢は20〜25年程度。拠点は、バンコク・スワンナプーム国際空港です。

ASEAN、東南アジア諸国にチャーター便を就航させており、日本初就航となります。

台湾・シンガポール線に就航している「ジェットスターアジア」や、インドの「ジェットエアウェイズ」とは、名前は似ていますが違った航空会社です。

機内サービスは?

HISによると、機内食は日本発便では昼食と軽食、バンコク発では軽食のサービス。ソフトドリンクは何回でも無料とのこと。アルコールはビールが4USD、ワインが1,000円とお高め。現金払いのみです。

また、毛布と枕、機内誌として「歩くバンコク」という日本語ガイドブックを搭載するとのことです。パーソナルテレビのサービスはありませんが、スマートパッドというiPadのようなタブレットの貸し出しをビジネスクラスでは無料で行います。雑誌40冊分のほか、avex所属アーティストのプロモーションビデオが見られるとのこと。

預け入れ手荷物は23キロ、持ち込み手荷物は7キロまでと、JALやANAと変わりません。

しかし、預け入れはエコノミークラスで1個、ビジネスクラスで2個までです。超過した個数は預け入れ出来ず、重量オーバーの場合は1kgあたり10USドル(約780円)かかります。

座席指定は1,500円と有料ですが、余程の事がない限りは並びの席が確保できるかと思われます。座席指定といっても、通路側・窓側・並び席のみしか指定できません。座席配列は「2−3−2」です。座席指定の締切りは72時間前なので注意が必要です。

フライトスケジュール・ダイヤは?

jetasia3

JF089便 成田(11:30)⇒バンコク(17:10) 
JF088便 バンコク(0:50)⇒成田(9:10)

2月10日〜5月2日まで、毎日運航予定です。

料金はいくら?

ジェットアジアエアウェイズは、燃油サーチャージがかかりませんので、運賃の他にかかるのは税金のみ。JALの運賃を参考にすると、税金部分は4,400円ですので、HIS初夢フェアの2,012円をゲットできれば、6,412円ということになります。

各便10名の計400名限定で2泊3日か3泊4日限定。帰国日が日曜の場合は2,000円増しなので、注意が必要です。

搭乗手続きは?

jetasia4
2011年、HISが受託販売を行い、日本初就航となった「ビジネスエア」は、成田空港第二ターミナルのカウンターNを利用しました。また、発着時間もほぼ同じですので、おそらくチャーター便ということもあり同じ箇所が利用されるものと思われます。

→【追加情報】チェックインカウンターはT、チェックイン時間は9時からとなります。

座席指定をする場合は、72時間前までに行うように案内しており、出発3日前には発券が完了したとのメールが送られてきました。ですので、チェックインを早めに行っても座席を選ぶことは不可能です。どうしても並び席を希望するなら、事前に有料の座席指定をするか、搭乗後に座席を交換してもらうしかないでしょう。

HISからのメールでは、自動チェックイン機を使わないパスポートチェックインとなるとのことですので、チェックイン開始時はかなり並んでいることと思われます。

eTicketの送付はなく、念の為、タイの入国審査で必要になる可能性があることからHISから来た日程表はコピーしておくと良さそう。

いかがでしたでしょうか。往復1万円以下という激安プライスなので、即完売間違いなし。筆者も無事ゲットできたらレポートしたいと思います。

HIS/ジェットアジアの予約はこちら