LCCよりも安い!?航空会社を選ぶときにはよく検討を!

エアアジアやジェットスターなど、ローコストキャリア(LCC)は通常の航空会社よりも安いというイメージの人は多いと思います。

しかし、競争が激しい路線では、他の航空会社も対抗運賃を出していることがあるので、注意が必要です。

例えば、2012年3月5日のプーケット→クアラルンプール線。

プーケットはリゾート地なので、おみやげなどを買ったり、長期滞在の場合は荷物も増えてしまうもの。この路線には、LCCのエアアジアと、マレーシア航空が就航しています。

06

例えば、エアアジアの場合は税込1990THB(タイバーツ)。これに荷物預け入れ料金や、決済手数料がかかる形になります。

59

荷物の預け入れを20キロ、保険の加入やコンフォートキットはなし、座席指定をしなくても、2530THBになってしまいました

しかし、マレーシア航空ではどうでしょうか。

09

こちらは、2,425THBと105THBも安いです

両社とも、座席指定には料金が必要ですが、LCCが必ずしも安いとは限らないということです。

もちろん、エアアジアなどの、LCC同士の乗り継ぎなどでは、LCCターミナルに到着するエアアジアのほうが便利でしょうが、保証やサービスはマレーシア航空のほうが上でしょう。

どうしても安く旅行しようと思うと、LCCでの旅程にこだわりがちですが、視野を広くしてみると、案外安く大手航空会社に乗れるかもしれません。