オーバーブッキングで座席を譲って儲ける方法〜国内線編〜

delta-1

ホテルや飛行機では、予約を受け付ける際に、キャンセルを見越して座席数より多くの予約を受け付けることが多くあります。この結果として、予約者(搭乗者)が座席数を超えてしまう状態を「オーバーブッキング」といいます。

「オーバーブッキング」は出発の数日前から、出発の直前に判明します。東京〜大阪線のように、出張の人が多く、打ち合わせが早く終わったので早い便や遅い便に変更されることが多い路線では、最終的な搭乗者数が座席数と一致するよう、多めの予約を受け付けることがあります。一方で、航空会社の予測に反して変更や取り消しする人がいなかった場合には「オーバーブッキング」になるということになります。

「オーバーブッキング」が判明すると、国内線では空港のアナウンスで募集が行われます。

航空各社は、「オーバーブッキング」時に座席提供の協力者を募る、「フレックストラベラー制度」を設けています。協力者への「協力金」は各社、当日の振替なら10,000円、翌日の振替なら20,000円となります。翌日の便への振替の場合は、宿泊費やホテルまでの交通費も航空会社が負担します。新幹線などの別の交通手段や他社便となることもあります。また、日本航空(JAL)や全日空(ANA)では、当日の振替では7,500マイル、翌日の振替では15,000マイルの「協力マイル」を選択することもできます。

基本的には申し出順に協力者を決定します。搭乗手続き締め切り直前に正確な数が判明するため、およそ出発時刻の10分前に確定することが多いです。

予定が何もない場合にはとてもお得なので、ぜひ申し出てみたいところです。

■関連記事
オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客を保安官が機外に引きずり出し非難 炎上にCEOが声明
オーバーブッキングに全裸で抗議の珍事 警察は逮捕せず