スカイマーク「成田シャトル」就航初日の980円運賃は即売!

スカイマーク(メイン)

980円の運賃を設定し、注目度抜群の、スカイマーク「成田シャトル」。10月30日に就航する、成田ー旭川・札幌線が、8月30日午前9時30分に発売されましたが、1分経たずに980円の注目運賃「WEBバーゲン」は売り切れてしまいました。

980円という値段だけではなく、就航初便ということでファンなども多かったのでしょう。

筆者も出遅れ、成田発初便となる旭川行き、980円の「WEBバーゲン」は取れずじまい。次にお得な「WEB割21」は取れたものの、3,800円。しかしすぐに「WEB割21」だけではなく、5800円の「前割10」も売り切れてしまいました。

17

「WEBバーゲン」「WEB割21」の決済は、その日の23時59分まで。悩んでいる暇はありません。

スカイマークはシステム上、WEBバーゲンが万が一キャンセルされても、キャンセル時に販売されている運賃もしくは販売されている運賃の次に安い運賃にキャンセル分が反映されるため、もし決済されずにWEBバーゲンがキャンセルされたとしても上の写真の場合、「前割7」か「前割10」の空席が増えるだけ。ということは、この価格で決済しないといけないようです。

今回は、午後のマカオ航空に搭乗するため、旭川に35分しか滞在できないということからあきらめました。