スカイトラックス社が2011年ワールドベストエアラインを発表

シンガポール航空

航空会社や空港の格付けを行っている、スカイトラックス社が、22日、現在開催中のパリで開催中のエアショーで、2011年ワールドベストエアラインを発表しました。

2011年ワールドベストエアラインは?

1,カタール航空(3)
2,シンガポール航空(2)
3,アシアナ航空(1)
4,キャセイパシフィック航空(4)
5,タイ国際航空(9)
6,エディハド航空(6)
7,ニュージーランド航空(5)
8,カンタス航空(7)
9,トルコ航空(圏外)

10,エミレーツ航空(8)
※括弧内は昨年(2010年)の順位

となり、10位圏外からトルコ航空がランクイン、タイ国際航空が4ランクアップしましたが、前回1位のアシアナ航空が3位に転落しました。

アシアナ航空はハブとしている、仁川国際空港が、ワールドベストエアポートで2位から3位に1ランク落ちたことも影響しているかもしれません。

いずれもアジアと中東、オセアニアに集まっており、欧米系はランクインしていません。

ランクインしたエアラインは、機内食やサービスに定評があるエアラインばかり。毎年発表されるランクですので、信頼性もあります。エアライン選びの参考にしてみては?