気軽に買える!世界のSIMカード 〜香港編〜

sim

海外旅行では、同行者と連絡を取る場合でも高い通話料を払う必要がありますし、パケット通信も一日1,500円近くします。4日間の旅行で6,000円。ツアー代金が折角安くても、こういうところにお金は出来るだけかけたくないところ。

しかし、海外で売っている「SIMカード」を使えば、通話料金やパケット代金が現地料金で利用できます。NTTドコモが、SIMロックフリーの携帯電話の販売を2011年4月より開始したので、日本の携帯電話のSIMカードを入れ替えるだけで利用できます。

今回は、香港のSIMカードを見てみましょう。

香港にはいろんなキャリアがある

香港には、中国移動香港、SmartOne-Vodafone、3(Hutchison)、PCCWといった携帯電話会社がたくさんあります。その中でもオススメなのは、「3」がブランド名となっている、Hutchison(ハチソン)。パケットし放題が格安で、通話定額も提供しています。

オススメのSIMは「3G Super Value Monthly Fee」

sim11
このSIMカードは、
・パケットし放題(1日28香港ドル/約318円、1ヶ月338香港ドル/3840円)
・SMS(香港内:0.2香港ドル/2円)
・MMS(Hutchison同士・香港他社:1.5香港ドル/17円、海外:3.5香港ドル/40円)
・香港内での通話料(1分0.1香港ドル/1円)
です。

どこで買える?

sim3
香港国際空港の出発フロアにある、Hutchisonのショップで販売しています。営業時間は23時までですので、成田発の最終便の場合は間に合わない可能性も。クレジットカードも利用できるので、両替せずに直行するのもアリ。ツアーの場合、空港で両替するよりガイドさんに両替してもらうほうがレートがいいです。

街中のセブンイレブンや、Hutchisonのショップでも入手できますが、品切れの場合が多いので空港での入手をオススメします。

値段は98香港ドル(約1,037円)で、98ドル分利用できます。4日以上滞在する場合は、一緒に残高をチャージするリチャージカードを購入しましょう。

セットアップ方法

sim12
1,SIMカードを台紙から切り離し、電源を切った携帯電話に入れます
2,携帯電話の電源を入れます
3,「##107*0#」を押し、電話をかけるボタンを押します
4,センターからSMSが届きます
5,SMSに8桁の電話番号、残高、有効期限、パスワードが書いてあります。 

【パケット通信のセットアップ】 
APNを「mobile.three.com.hk」に設定してください。 

【MMSの設定】
APN:mobile.three.com.hk
プロキシ:172.20.97.116
ポート:8799
に設定。

SIMカードを入れると、APNやプロキシが自動設定される場合もあります。一度動かして駄目なら設定を確認してみましょう。

残高の追加方法

sim4
残高を追加する際には、必ず「3」のリチャージカードを購入しましょう。セブンイレブンやサークルKでも販売しています(売り切れの場合も多いです)。

リチャージ方法は、通話画面から

「##105* 〜リチャージカードの16桁の番号〜#」を押し、電話をかけるボタンを押すだけでチャージできます。100ドルのカードですと、チャージごとに10ドル分のボーナス付き。

メリット

なんといっても値段が安い(4日間の旅行で4000円以上の節約)
テザリング(モデム化)が定額内で可能なので、携帯を利用してPCのインターネットもできる
Googleマップなどを利用すれば迷わずに移動できる

SIMロックフリーの携帯電話は、NTTドコモの2011年4月以降出荷分のみです。iPhoneでは利用できません。SIMロックフリーの機種は、SIMFREENET.COMで販売しています。携帯電話本体の値段は高いですが、数回の海外旅行でもとが取れるのでオススメ。SIMFREENET.COMに問い合わせを送ると、現時点で一番安い携帯電話を詳しく教えてくれます。

いかがでしたでしょうか。他の国のSIMカードもこれからレポートしていくので乞うご期待!