現地の携帯電話を使ってパケット代を節約しよう!

sim
海外でもパケット通信が定額になる「海外パケット定額」。日本でも、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの各キャリアが提供しています。

しかし、1日1,500円程度と、いままでの青天井に比べればマシですが、気軽に使えない価格であることに変わりありません。4日間だと6,000円。ツアー代金が1,000円安くなった!って喜んでも、こういうところが高いとガッカリですよね。

NTTドコモでは、2011年4月以降に出荷する機種すべてで、買った会社のSIMカードだけで使用できるという「SIMロック」を解除しました。これは、海外で海外の携帯電話のSIMを入れても使えるということです。

使える機種は?

sim2
日本では、NTTドコモとソフトバンクが、第三世代の通信方式である「W-CDMA」。KDDIが「CDMA2000」になっていますが、海外では「GSM」がまだ一般的。なので、「GSM」に対応していない携帯は海外で利用できない国、地域があります。 NTTドコモの「WORLD WING」対応機種ならOKです。スマートフォン類は比較的対応しています。また、SIMロックがフリーの機種のみしか利用できないので、現在国内で販売されている機種では、NTTドコモの2011年4月以降出荷の機種すべてと、日本通信発売の機種になります。現地でも機種が単体で販売されていることが多いです。

現地でプリペイドSIMカードを購入するには?

sim3
現地の空港などにある、携帯キャリアのショップでは、プリペイドSIMカード・microSIMカードを販売しています。どこで買っても、正規ルートなら価格は同じなので、できるだけ早めにゲットするのをオススメします。

ただし、国によってプリペイドSIM自体を販売していなかったり、外国人に販売していないところもあります。

カードの形状に注意

SIMカードとmicroSIMカードの2種類あります。iPhone4はmicroSIMカードです。携帯電話をキャリアの店員見せればわかると思いますが、SIMカードを台紙から切り取ったら返品できませんので注意が必要です。

料金プランに注意

一口にSIMといっても、キャリアによっていろいろなプランがあることが多いです。データ通信だけで通話ができないものから、通話しかできないものまで様々。パッケージをよく見比べて購入しましょう。

リチャージカードも同時に購入を

sim4
SIMカードを買っても、残高が少なくて旅行終了まで残高が持たない場合もあります。街中で購入するときは、コンビニ等で取り扱っていることが多いですが、希望のものがないことも。SIMカードを購入するときに、一緒に購入するのが間違いもなく賢い方法です。店員さんがリチャージもしてくれることもあります。

世界のSIMカードをTraicyがレポート

香港(Hutchison/3)編