空港に着いてから飛行機に乗るまでの方法 〜国際線〜

電車で空港に着いたら

airport1
まず、「出発ロビー 」に向かいます。航空会社ごとにターミナルが分かれていることがあるので、確認しましょう。特に、コードシェア便(上の写真の北京行きでは、運航会社がJL・コードシェアがCZ・MUです)の場合、運航会社のカウンターでチェックインとなるので注意です。

出発ロビーに行くと、電光掲示板に便名とチェックインカウンターの位置が掲載されているので、チェックしましょう。

チェックインカウンター

chackin
チェックインカウンターでは、パスポートとeチケットの控えを提示して、搭乗券を受け取ります。eチケットの控えは、持っていなくてもパスポートのみで搭乗券の発券が可能ですが、念のためカウンターでもらうようにしましょう(現地で入国拒否される可能性があるため)。

同時に荷物も預けますので、100mlを越える液体物は預け入れ手荷物の中に必ず入れましょう。

預け入れが終わったら、出発口の方向に進みましょう。これより先には、ペットボトルなどを含んだ、100ml以上の液体物は持ち込みできません。

手荷物検査

airport2
まずは、手荷物検査です。ポケットの中の小銭や、携帯電話はトレーに載せましょう。鞄の中のパソコンは出して検査します。100ml以上の液体物は、ジップロックのような透明の1つにまとまる袋に入れましょう。容器が100ml以上であれば、中身が100ml以内でも持ち込みできません。

税関検査


・100万円以上の現金を海外に持っていく時

「支払手段の輸出・輸入申請書」を記入し、税関に承認をもらいます。
・海外ブランドの腕時計を持っていく時
「海外製品持ち出し届」と現物を見せ、税関に承認をもらいます。

出国審査

パスポートと航空券を提示し、出国のスタンプをもらいます。自動化ゲートに登録している場合、画面の指示に従って、自身で出国の手続きを行います。

免税店でショッピング

airport3

ここからは、日本の免税店を利用できます。搭乗時間に気をつけて、ショッピングを楽しみましょう。これより先では、ペットボトルを購入して機内に持ち込みができます。

ラウンジへ

lounge

ビジネスクラス以上の上級クラスや、航空会社の上級会員、エコノミークラスの普通運賃を利用する場合、自社もしくは提携のラウンジが利用できます。食事やシャワー、マッサージなどいろいろなサービスがあるので、逃さずに利用しておきたいところ。楽天プレミアムカードなど、一部のクレジットカードに入会すると取得できる「プライオリティ・パス」でも、一部のラウンジが利用できます。

搭乗口へ

airport4
通路にある画面やアナウンスなどで、搭乗口に変更がないか確認して、30分前には到着するように搭乗口に向かいます。外国の航空会社の場合、出発時刻の10〜15分前にゲートが閉まる場合があるので注意が必要です。パスポートと航空券を提示し、飛行機に乗ります。

機内では

kinai
ドアが閉まるまで、携帯電話やカメラなどの電子機器類が使用できます。ドアや通路付近に、新聞や雑誌、イヤホンなどがあるので、必要なものは座席まで持って行きましょう。必要以上に持ち出すのはマナー違反です。

日系航空会社以外の、ビジネスクラス以上に搭乗する場合、ウェルカムドリンクのサービスが受けられることがあります。間際の搭乗だとサービスがされない場合もあるので注意が必要です。

また、、航空会社やアライアンスの上級会員、上級クラス利用者、妊婦や子供連れは、優先搭乗ができることが多いので、希望の新聞や雑誌があったり、荷物が多い場合は早めに乗ることをオススメします。