フィンエアー、JALとコードシェア拡大 東京/成田〜フランクフルト線でも

フィンランド航空(メイン)

フィンエアー(フィンランド航空)と日本航空(JAL)は、共同運航(コードシェア)を拡大する。

2017年1月1日より、JALが運航している、東京/成田〜フランクフルト線にもフィンエアーの便名を付与する。これによりフィンエアーの利用者は、フランクフルトとヘルシンキ経由でヨーロッパ各地にアクセスすることができるようになる。

フィンエアーは、東京/成田・名古屋/中部・大阪/関西〜ヘルシンキ線を毎日1便運航しており、夏期の季節便として週3便を運航している。また、2017年6月5日から10月27日まで、東京/成田〜ヘルシンキ線を週3便を増便することを発表している。

■関連記事
フィンエアー、東京/成田〜ヘルシンキ線を来夏に期間増便 エアバスA350型機を投入

詳細はこちら

ドイツのWifi価格比較