ソラシドエア、2017年3月期の中間決算発表 過去最高益

ソラシドエア(メイン)

ソラシドエアは、2017年3月期の中間決算を発表した。

営業収入は188億6,400万円(前年同期比0.3%減)、営業利益は22億500万円(同44.4%増)、経常利益は17億600万円(同15.1%増)、純利益は11億9,600万円(同26.7%増)となった。中間会計期間で過去最高益となった。

熊本地震の影響で4月中旬から5月末にかけて、東京/羽田〜熊本線で多くの欠航や遅延便が発生したため、就航率は97.8%、定時出発率は89.5%となった。共同運航(コードシェア)による全日空(ANA)販売分を除くと、有償座席利用率は64%(同2.8%増)となった。

通期目標の売上高377億円、当期利益10億円の目標は据え置いた。

詳細はこちら