天津航空、重慶〜オークランド線に就航へ 12月21日から週3便

天津航空

天津航空は12月21日より、重慶〜オークランド線に就航すると発表した。

機材は260席を配置したエアバスA330型機を使用し、重慶発、オークランド発ともに、火・木・土曜の週3便を運航する。。就航を記念し、片道500人民元、往復660人民元の航空券を販売する。いずれも諸税別。

天津航空は、海南航空や香港エクスプレス航空などを傘下に持つ、HNAグループの航空会社。約90機で、中国の天津、西安、フフホト、ウルムチ、三亜、貴陽、大連の6つのハブを拠点に、約100都市に就航しちえる。2016年末には3機のエアバスA330型機を導入し、国際線を拡大する。

■ダイヤ
GS 重慶(12:30)〜オークランド(18:00)/火・木・土
GS オークランド(21:00)〜重慶(05:30+1)/火・木・土

詳細はこちら