ホーム・アウェイ、日本支社長に前エクスペディアの木村奈津子氏 アジア執行役員4名も任命

homeaway

世界最大級のバケーションレンタル会社HomeAway(ホーム・アウェイ)は、新日本支社長として前エクスペディアマーケティングディレクターの木村奈津子氏が就任したと発表した。

また、アジア営業統括としてオンライン旅行会社Agoda(アゴダ)で営業チームを監督していたRob Green氏、マーケティング統括としてBBC Worldwide Asia のマーケティングディレクターを務めていたJudith Davidson氏、事業開発統括としてオンライン旅行予約会社Booking.com(ブッキングドットコム)でアジア地域の戦略パートナーシップ統括を務めていたDennis van Noord氏を合わせた4名、新たなアジア執行役員として任命した。

木村奈津子日本支社長は、「日本は世界の中でもインバウンド、国内、海外旅行と全てのセグメントで非常に大きな旅行市場であり、バケーションレンタルという新たなカテゴリーにおいて、市場の拡大を牽引できる機会に恵まれたことを嬉しく思います。急速に伸び行くインバウンドに関しては、泊まる場所の提供という域を超えて、その先にある日本文化の体験、発見につながる施策や、認知の足りない大都市近郊、地方都市をグローバルネットワークを活かして需要喚起していき、より多くの日本ファンを増やしていきたいと考えております。そのためには、同じ志を持った方達と協業、協力して日本全体を元気にしていきたいです。日本の旅行者には、各個人の求める多様なニーズに対応できるよう世界に多くのユニークな物件をご用意しており、“休日にピッタリの家”を見つけて、いつもの旅とは違う体験を楽しんで頂きたいと思います。」とコメントした。

詳細はこちら