国内LCC初の「初日の出フライト」、わずか1時間半で完売

hatsuhinode

バニラエアは、きょう11月17日午前10時から発売を開始した、2017年元旦の初日の出フライトが発売開始から1時間半で完売したと発表した。

日本の格安航空会社(LCC)として初めてとなる初日の出フライトで、旅行代金は9,800円から設定していた。定員は162名。成田空港を午前6時に出発し、約1時間半の富士山や太平洋上空のフライトを予定している。バニラエア特製お正月弁当とお茶、成田銘醸「長命泉」(未成年はジュース)、搭乗証明書がプレゼントされる。機内では、2万円相当のクーポンやオリジナルグッズが当たる抽選会も実施する。

五島勝也代表取締役社長は、「LCC初の『初日の出フライト』がわずか1時間半で完売との報せを受け、嬉しく思います。『初日の出フライト』はチャーター便のため、機材数が限られたLCCでの実施は“挑戦”でしたが、今まで『初日の出フライト』にご参加になったことのない方にも空の上から望む初日の出と富士山の感動をお届けしたいという想いでご提案したのが本企画でした。皆様のご期待に応えることができたという喜びと、新年の幕開けを飾る特別なひと時を皆様とご一緒できる期待感で今は胸がいっぱいです」とコメントした。

詳細はこちら