香港ドラゴン航空、11月21日にブランド変更 「キャセイドラゴン航空」に

キャセイドラゴン航空

香港ドラゴン航空は11月21日より、ブランド名を「キャセイドラゴン航空」に変更する。

香港ドラゴン航空はキャセイパシフィック航空傘下の航空会社で、中国本土線などの短距離線をエアバスA330型機とA320型機を使用して運航している。

1月29日にブランド名称をキャセイドラゴン航空に変更すると発表しており、新しい機体デザインには、キャセイパシフィック航空の緑のブラッシュウィングを踏襲した、赤いブラッシュウィングのロゴを採用した。4月5日からは新デザインを施したエアバスA330-300型機の運航を開始している。

また、2017年3月からは、キャセイパシフィック航空が香港〜クアラルンプール線から撤退し、香港ドラゴン航空に移管。従来の1日4便から5便に増便する。また、キャセイパシフィック航空のエアバスA330型機5機は香港ドラゴン航空に譲渡し、機材を拡充する。

※記事の一部を修正しました。

■関連記事
香港ドラゴン航空、キャセイドラゴン航空にブランド変更 機体デザイン一新
香港ドラゴン航空、「キャセイドラゴン」新デザイン機材の運航を開始
キャセイパシフィック航空、クアラルンプール撤退 香港ドラゴン航空に移管

詳細はこちら