春秋航空日本の「737円セール」最強の攻略法【橋賀秀紀のフカボリ!】

春秋航空日本(メイン)

みなさんこんにちは。トラベルジャーナリストの橋賀秀紀です。先日バンコクで行われた「旅人の会」には23名が参加されたそうです。私は所用で行けず、歯軋りをしておりました。行きたい旅行すべてに行けるわけではないとわかってはいるのですが…。

さて、今回取り上げるのはこの記事です。

春秋航空日本、全路線が片道737円からのセール開催 国際線は3,737円から
http://www.traicy.com/20161104-IJsale

国内格安航空会社(LCC)各社はセールを断続的に行っていますが、金額のインパクトでは春秋航空日本(スプリングジャパン)のものが突出しています。他社のセールの多くが数千円程度のなか、春秋航空日本は、路線開設以来ずっと737円のセールを毎月7日に出し続けています。そこで今回はこの737円セール(ラッキースプリング)について検証してみたいと思います。

IJ

予約開始日時、準備は?
毎月7日の昼の12時からと固定されています。月によって平日のこともあれば週末のことも。働いている人であれば職場を抜けてスマホで予約を試みるなどの準備を行う必要があります。ちなみにセールは毎回、開始日の数日前から告知が始まります。そこでわかるのはセールの対象の日がいつからいつまでかということ。最大で半年先までが予約の対象となりますが、冬スケジュールと夏スケジュールの開始日(10月と3月最終日曜)の前日までとなることが多いようです。

予約後の入力する項目を減らすために、事前に会員登録を済ませておきましょう。次回以降は先にログインを済ませてからセールの予約画面に行きます。予約そのものはセールの画面からでも通常の予約のページからでも変わりありません。

春秋航空日本の場合、受託手荷物や保険、座席指定などをいちいち外したりスキップしなければなりません。これらは一度経験すればすぐに身につくので、決済の直前の画面までは、必ず事前にシミュレーションをしておきましょう。セールで予約するときは一刻を争います。

予約できる可能性を高めるコツ
他社のセールと比べると比較的予約しやすい春秋航空日本のセールですが、それでも最近徐々に浸透して予約しづらくなってきました。特に販売開始の正午直後はアクセスが殺到してなかなか次の画面に進めないことがあります。スマホとパソコンの両方で試したときはスマホのほうがやや取りやすかったのですがこれは環境によっても異なるでしょう。もし複数のデバイスでアクセスが可能な場合は、両方使うことをおすすめします。

1 2