JR東海、東海道新幹線の700系全車両を置き換え 2019年度末にも

FIL36491

JR東海は、東海道新幹線で運行しているN700Aを2016年度から2019年度にかけて、新たに20編成を投入することで、2019年度末には700系の置き換えを完了すると発表した。

2016年度に1編成、2017年度と2018年度にそれぞれ7編成、2019年度に5編成を投入。N700Aに統一されることにより、最高速度が時速285キロに統一される。

新たなブレーキライニングの開発によって、自身ブレーキの停止距離をさらに短縮し安全性を向上。パンタグラフや台車、ATCについて走行中の車両データの監視データを強化することによりさらなる安定性の向上、質の高い検査を実現する。また、既存の計111編成の改造工事も2017年度から2019年度末にかけて順次行う。

(写真:EX-TRAIN)

詳細はこちら