タクシー内のデジタルサイネージ端末「Tokyo Prime」、日本交通グループの都内全車両に搭載

japantaxi

日本交通グループのJapanTaxiとフリークアウトの合弁会社であるIRISは、新世代デジタルサイネージ「Tokyo Prime」端末を、年内を目処に日本交通グループの都内タクシー全車両約3,500台に増設する。

また、乗客の性別、走行エリア、時間帯・曜日に基づくターゲッティング配信機能を新たに搭載。端末搭載のカメラから顔認証を行い、性別を推定する。走行エリアはGPSを活用する。また、屋外メディアとして初となる、広告主がターゲッティングに合わせて入札価格を設定するオークション形式での広告自動買い付けの広告商品も純広告に加えて導入した。

すでに全日空(ANA)やタイ国際航空、ネスレ日本、P&Gジャパンなどの広告掲載実績があり、コラボレーションパートナーであるタイ国際航空や三菱地所、フォーブスジャパンなどとは多彩なコンテンツやニュースの配信も行っている。

詳細はこちら