デルタ航空、新制服を発表 2018年第1四半期から全世界の6万人が着用

DL1

デルタ航空は現地時間10月18日、アメリカ・アトランタでニューヨークを拠点とするデザイナーのザック・ポーゼン氏が手掛けた新制服を発表した。客室乗務員や地上係員の制服を刷新したのは2006年、整備やランプ職員の制服を刷新したのは2000年以来。

パスポート・プラム(米国パスポートと同じ色の濃い紫色)、クルージング・カーディナル(深い紅色)、グランドスピード・グラファイト(濃いグレー色)と名づけられたメインカラーと、スカイライン・スレート(グレーがかった濃い青色)とトラベリング・シスル(薄紫、アザミ色)のアクセントカラーを組み合わせ、接客チームと整備チームのユニフォームに統一感をもたらすものとなった。デルタ航空のロゴで、“ウィジット”と呼ばれる三角形のモチーフはアクセントとして用いられ、整備チームなど直接乗客に接しない部門のユニフォームには、アウターに目立つ形で取り入れられている。

12月から2017年初めにかけて約1,000名が試着し、フィードバックによる微調整を行った後、2018年第1四半期から客室乗務員、地上係員、整備・ランプ職員など世界の約6万人の従業員が着用する。

デルタ航空のエド・バスティアン最高経営責任者(CEO)は、「世界最高の従業員には、最高のユニフォームがふさわしい。この新しいコレクションは、クラシックな要素を備えながらもモダンです。ザックとデルタ航空のチームが協力して、時代を超越したファッショナブルな新ユニフォームを作り出しました。まさにデルタ航空の精神である思慮深さと革新性を体現しています」とコメントしている。

ザック・ポーゼン氏は、「デルタ航空の従業員の皆さんが、機能性やスタイリッシュさを犠牲にすることなく、仕事中もグラマラス(華やか)に見えるようにしたいと考えました。私は従業員の側に張り付いて、彼らがどのように衣服と触れ合うかを把握し、やる気が出るようなデザインを考えました。なぜなら私たちは、デルタ航空の世界中の従業員に、デルタ航空のブランドである自信と思慮深さを(ユニフォームを着ることで)体現してもらいたいと思ったからです」とコメントした。

DL2

DL3

詳細はこちら