【フォトレポート】ANAとJAL、「東京2020」特別塗装機をきょうから就航 両社共通デザイン

2020-2

全日空(ANA)と日本航空(JAL)は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの共通デザインの特別塗装機を就航させる。きょう10月14日より、国内線で運航を開始する。

羽田空港のJAL格納庫で、東京オリンピック・パラリンピック競技大会運営組織委員会の森喜朗会長、日本オリンピック委員会の竹田恒和会長、ANAの篠辺修代表取締役社長、JALの植木義晴代表取締役社長らがお披露目イベントに出席し、特別塗装機をお披露目した。

両社は2020年東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルエアラインパートナーで、2012年の招致イベント時にも共同イベントを実施している。

いずれもボーイング777-200型機で、ANAの機体はJA745A、JALの機体はJA773J。初便となるのはいずれも東京/羽田発で、午後4時30分発の福岡行きANA263便と、午後5時30分発の大阪/伊丹行きJAL131便。2016年度中に、両社4機から5機ずつ、順次国内線に就航させる。

ANAでは、ボーイング777-200型機のデザインを募集する「東京2020機体デザインコンテスト」を、11月30日まで実施している。

2020-3

2020-1

2020-4

2020-5

2020-6

2020-7

■関連記事
ANA、ボーイング777-200型機のデザインを募集する「東京2020機体デザインコンテスト」を実施