ANA機、定員超過で出発 国交省が厳重注意

ANA(メイン)

国土交通省航空局は10月11日、全日空(ANA)に対し、9月30日に福岡空港で定員超過のまま出発し、判明した後に駐機場に引き返したことに対して厳重注意を行い、原因究明と再発防止を指示した。

乗客は搭乗手続きが未了のまま保安検査を通過し、東京/羽田行きのANA256便に搭乗していた。空席待ちの乗客を乗せたため満席だったものの、本来搭乗していないはずの乗客が搭乗していることに牽引車で移動中に気づき、駐機場に引き返した。

国土交通省では、8月5日に新千歳空港で発生した保安検査すり抜け事案を踏まえ、搭乗手続未了の乗客の搭乗を防ぐよう再発防止を指示している中で類似の事案を発生させ、さらに定員超過で運航を開始させたことは、航空保安と運航の安全上極めて遺憾としている。

詳細はこちら