ヨドバシカメラ、ヨドバシ梅田北側に「ヨドバシ梅田タワー」を建設 1,000室規模のホテルの入居も

yodobashitower

ヨドバシカメラは、大阪駅北口にあるヨドバシカメラマルチメディア梅田裏の用地に「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」の建設を着手することを決定した。工事は2017年の夏に開始予定、竣工は2019年秋を予定している。

「ヨドバシ梅田タワー」は地下4階、地上34階建て。現在は駐車場になっているヨドバシ梅田ビルの用地に建設され、地下4階から地下2階までが駐車場、地下1階から地上8階までが商業施設、地上9階から34階までがホテルとなる予定。また、現状は芝田交差点に横断歩道が設置されておらず、大阪駅からのアクセスがし辛くなっていることから、グランフロント大阪やJR大阪駅と接続する歩行者用のデッキも予定されている。

地上34階までに入居するホテルはブランドなどは決まっていないが、客室数1,000室程度を予定し、大阪市内でも最大級のホテルが誕生する見通し。その他にも建物北側には観光バス発着スペースが建設され、観光の拠点としての機能の向上が謳われている。

詳細はこちら