KLMオランダ航空、東京/成田〜アムステルダム線でジャンボの日本線ラストフライト実施

KL81

KLMオランダ航空は9月3日、東京/成田〜アムステルダム線でボーイング747-400型機の日本線でのラストフライトを行った。

東京/成田発のKL862便は、1987年4月3日に日本発のノンストップのアムステルダム行き初便に乗務した当時に航空機関士であったオットー・ファン ブルッヘン氏が機長を務め、アムステルダムに向けて飛び立った。ファン ブルッヘン機長は、「747は私にとって思い出深い飛行機です。29年前、ロシア上空を通るノンストップ便(直行便)は週に1便だけでした。当時航空機関士だった私は誰よりも早く運航準備のため乗船しましたが、燃料を153,000リットルも積み込むのにびっくりしました。ゆったりした大きな機体、ビジネスクラスの二階席はこじんまりした雰囲気で人気がありました。今後東京線で運航されるボーイング777-200や777-300の乗り心地も好評ですので期待してください。」と述べた。

搭乗口では記念撮影用のボードやバナーが用意され、搭乗者全員にボーイング747型機が描かれたビスケットとボールペンをプレゼン。ビジネスクラスではレアチーズケーキの上にKLMのブルーのロゴがはいったホワイトチョコレートプレートのスペシャルトッピング、エコノミークラスではマンゴームースケーキの上に同様のスペシャルトッピングを行ったデザートを提供した。

KL87

KL93

KL97

KL98

詳細はこちら