ANA、ボーイング787型機の一部機材でエンジンの安全性確保のため整備実施 国内線の一部便を欠航

ANA(メイン)

全日空(ANA)は、ボーイング787型機の一部機材で、エンジンの安全性確保のため点検・整備作業を実施すると発表した。このため、あす8月26日以降、国内線の一部便で欠航便が発生する。

ロールス・ロイス社製エンジンの特定部品の不具合発生を防止するための整備作業で、他機種への変更などの対応が取れない便が欠航となる。8月26日に欠航となるのは、東京/羽田〜大阪/伊丹線の3便、東京/羽田〜福岡線の4便、東京/羽田〜広島線の2便の計9便。8月27日以降も欠航便が発生する見込みで、確定次第、ホームページ上で発表する。欠航便の乗客へは、前後便への振り替え、他交通機関への振り替え、全額払い戻しなどの対応を行う。

ANAのボーイング787型機は、8月20日と25日に相次いでエンジンの不具合が発生し、緊急着陸しているほか、8月14日にも離陸滑走中にエンジントラブルが発生し、離陸を取りやめた。エンジンの部品とみられる金属片が滑走路上に散乱したため、滑走路が一時的に閉鎖された。

■欠航便
ANA15 東京/羽田(08:00)〜大阪/伊丹(09:10)
ANA39 東京/羽田(19:00)〜大阪/伊丹(20:15)
ANA20 大阪/伊丹(10:00)〜東京/羽田(11:15)

ANA255 東京/羽田(13:25)〜福岡(15:15)
ANA265 東京/羽田(17:00)〜福岡(18:50)
ANA260 福岡(16:10)〜東京/羽田(17:55)
ANA270 福岡(19:40)〜東京/羽田(21:25)

ANA683 東京/羽田(16:55)〜広島(18:15)
ANA686 広島(19:00)〜東京/羽田(20:25)

■関連記事
東京/羽田発福岡行きのANA機、エンジン不具合で緊急着陸
羽田発宮崎行きのANA機、エンジン不具合で緊急着陸
ANA機、成田空港でエンジントラブル 滑走路閉鎖で欠航や遅延便

詳細はこちら