ANA、50機目のボーイング787型機を8月16日に受領 特別塗装を実施

NH0809

全日空(ANA)は、8月16日に50機目のボーイング787型機を受領する。50機目となる機体には特別塗装を行う。

ANAは2004年にボーイング787型機を50機発注。2011年に初号機を受領しており、現在は世界で運航しているボーイング787型機のうち約11%を運航している。現在、ANAのボーイング787型機の発注機材数は83機で、世界最大。ANA国際線の約4割にあたる26路線に投入している。50機目の受領で、ボーイング787-8型機が36機、ボーイング787-9型機が14機体制となる。

9月1日に開設する東京/成田〜プノンペン線、2017年2月に開設する東京/成田〜メキシコシティ線にもボーイング787型機を投入する。

詳細はこちら