セブパシフィック航空、エアバスA330-300型機を2機発注

セブパシフィック航空

エアバスは、セブパシフィック航空からA330-300型機2機を受注したと発表した。

セブパシフィック航空は現在、6機のA330-300型機を運航しているほか、フィリピン国内線などへはA320ファミリーを43機運航している。さらに、A321neoを32機発注している。

発注した2機はこれらの機材に加わるもので、セブパシフィック航空の長距離線拡大戦略を後押しするものとなる。現在はA330-300型機を、中東とオーストラリアへの長距離線で主に運航しちえる。

詳細はこちら