タイガーエア・台湾、札幌/千歳~台北/桃園線の就航を延期 設備使用の調整つかず

タイガーエア

タイガーエア・台湾は、9月13日の開設を予定していた札幌/千歳~台北/桃園線について、就航を延期することを発表した。

航空券の販売は7月20日から開始していたものの、29日時点では販売を停止している。現地報道によると、新千歳空港の地上設備の使用について調整できていないためとしている。すでに航空券を購入している人へは、手数料不要で函館~台北/桃園線への振り替えまたは全額返金に応じる。

札幌/千歳~台北/桃園線は、桃園国際空港を午前3時25分に出発するIT234便と、新千歳空港を午前9時30分に出発するIT233便を、火・木・土曜の週3便運航する計画だった。新たな就航日は未定としている。

■ダイヤ
IT233 札幌/千歳(09:30)〜台北/桃園(13:10)/火・木・土
IT234 台北/桃園(03:25)〜札幌/千歳(08:30)/火・木・土

■関連記事
タイガーエア・台湾、札幌/千歳〜台北/桃園線に就航 9月13日から週3便

詳細はこちら