エアアジアX、イラン往復総額32,000円の賢い活用術【橋賀秀紀のフカボリ!】

iran1

みなさんこんにちは。トラベルジャーナリストの橋賀秀紀です。先日、エア・カナダの特典航空券の便名を変更しようとしたら、電話で80分待たされました。アメリカのフリーダイヤルにスカイプでかけたので通話料はかかりませんでしたが…。

さて、気を取り直して、今回はエアアジアXの話題です。

世界的にみると、格安航空会社(LCC)の多くは短距離路線で活躍しています。その最大の理由は、LCCのほとんどがエアバスA320ファミリーやボーイング737シリーズのような単通路機を主力としており、航続距離に限界があることによります。こうした中、日本にも就航しているエアアジアXはエアバスA330型機という比較的大きな機材を使って、中距離便を運航しています。

skyscanner1

そのエアアジアXが、6月末からイランの首都テヘランまでの路線を就航させています。先日スカイスキャナーで検索したところ、東京/羽田〜テヘラン往復が総額コミコミで32,000円という驚異的な金額で出てきました。

エアアジアグループ、クアラルンプール・バンコク〜テヘラン線就航 記念運賃は片道8,000円台から
http://www.traicy.com/20160515-D7XJika

イラン、アライバル・ビザの取り方(worldtravelingのブログ)
http://worldtraveling.hatenablog.com/entry/2016/04/15/213611

実はエアアジアXは2012年まで、欧州のロンドン、パリとクアラルンプールを結ぶ路線を就航させていたことがあります。エアアジア・グループのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は2016年内に欧州路線を復活させることを明らかにしており、テヘラン、そしてオマーンのマスカットへの路線開設も、こうした長距離路線戦略の一環と考えられます。ちなみにシンガポール航空系列のLCCであるスクートも2017年に欧州路線を開設することを発表しています。

エアアジアX、クアラルンプール〜ロンドン線の運航再開検討 ハワイ線の就航も
http://www.traicy.com/archives/8620227.html

しかし、日本発の場合、すでにカタール航空やエティハド航空などの中東系のエアラインの相場がかなり安いので、相当の安値でないとLCCで長距離を飛ぶメリットはなさそうです。

1 2