ボーイング、創立100周年迎える シアトルで記念イベント開催

boeing3

ボーイングは7月15日、1916年の創立から100周年を迎えた。創立当時はシアトルのボートハウスで小規模のフローと水上機メーカーだった。現在は民間機のほか、防衛、宇宙、セキュリティシステム分野で世界有数の企業となっている。

ボーイングのデニス・マレンバーグ会長・社長兼最高経営責任者(CEO)は、「創立者であるビル・ボーイングの革新的精神は何世代にもわたる従業員の中に生きています。ビルボーイングは100年前の今日、より良いものをつくるためにこの会社を設立しました。世界中の人々の生活を良い方向に変える重要な製品やサービスを生み出す姿勢は、現在の従業員に継承されています。2世紀目をスタートする今、卓越性を追求する私たちの意欲はこれまで以上に強く、私たちが成果を残す可能性の大きさは創立当時と変わりません。そして、掲げる目標はかつてないほど大胆で、ビジョンとインスピレーションに富んでいます。」とコメントした。

創立100周年記念事業として、創業地近くのピュージェット・サウンドでは機体の地上展示を行った。シアトルの航空博物館では747型機のプロジェクションマッピングなどの特別イベント、中部国際空港でも体験型展示会「ABOVE AND BEYOND」がスタートしている。

boeing2

boeing7

boeing4

boeing5

boeing1

詳細はこちら