バニラエア、9月14日よりホーチミン就航 国内LCCとして初進出

バニラエア(メイン)

バニラエアは、9月14日より、東京/成田〜台北/桃園〜ホーチミン線に就航する。台北/桃園からの以遠権を活用した路線で、国内の格安航空会社(LCC)として初となる。あす7月14日午後2時より航空券の販売を開始する。

東京/成田に次ぐ台北/桃園の拠点化を推進するもので、台北/桃園発着路線は、東京/成田・大阪/関西線と、同日に就航する沖縄/那覇・ホーチミン線の4路線となる。運賃はコミコミバニラは片道14,690円から、シンプルバニラは片道10,690円から。いずれも旅客施設使用料と支払い手数料は別途必要。

東京/成田〜ホーチミン線を利用する場合、台北/桃園での出入国手続き、搭乗手続き、通関手続き、受託手荷物の預け直しは不要。到着後に機内持ち込み手荷物を全て持った上で降機し、保安検査を通過後に再搭乗する必要がある。乗り継ぎエリアから外に出ることはできない。購入した免税店のうち、STEBs(不正開封防止袋)に封入されたものは、保安検査を受けた後、機内に持ち込むことができる。

五島勝也代表取締役社長は、「観光資源が豊富で、東南アジアで最も魅力的な国のひとつであるベトナムが、当社にとって東南アジアにおける最初の就航地になることをとても嬉しく思います。当社のお求めやすい運賃で、ベトナム、台湾、日本の皆様の交流がより一層促進されることを願っております。これからもますます便利になるバニラエアおよびバリューアライアンスのネットワークにどうぞご期待ください。」とコメントした。

■ダイヤ
JW105 東京/成田(17:40)〜台北/桃園(20:35/21:50)〜ホーチミン(00:30+1)/水・土
JW105 東京/成田(17:50)〜台北/桃園(20:45/21:50)〜ホーチミン(00:30+1)/月・木・金
JW105 東京/成田(17:55)〜台北/桃園(20:50/21:50)〜ホーチミン(00:30+1)/火・日
JW102 ホーチミン(01:35)〜台北/桃園(06:10/07:15)〜東京/成田(11:30)/月・水・土・日
JW102 ホーチミン(01:35)〜台北/桃園(06:10/07:25)〜東京/成田(11:40)/木・金
JW102 ホーチミン(01:35)〜台北/桃園(06:10/07:30)〜東京/成田(11:45)/火

■関連記事
ANA、東京/成田〜ホーチミン線を増便 10月30日から1日2便
バニラエア、沖縄/那覇〜台北/桃園線開設を発表 9月14日から1日1便

詳細はこちら