ANA、7月受領のボーイング787−9型機より中距離国際線仕様導入 バンコク・シンガポール線ビジネスクラスもフルフラットに

ANA

全日空(ANA)は、7月に受領するボーイング787-9型機に、中距離国際線用の新たな仕様を導入する。

ビジネスクラス40席、プレミアム・エコノミークラス14席、エコノミークラス192席の計246席。ビジネスクラスはフルフラットとなる「ANAビジネス・スタッガード」を導入し、機内Wi-Fiサービス「ANA Wi-Fi Service」、リアルタイムでNHK Worldなどの視聴が楽しめる「ANA SKY LIVE TV」も搭載する。

8月上旬には東京/羽田〜シンガポール線、8月下旬には東京/羽田〜香港線へ投入。その後は東京/羽田〜バンコク線などへの投入を予定している。

詳細はこちら