沖縄に2軒目のダブルツリー、きょうオープン ホテル日航をリブランドで

doubletree

ヒルトン・ワールドワイドとダブルツリーbyヒルトンは、琉球ホテルリゾート那覇と運営受託契約を締結し、「ホテル日航那覇グランドキャッスル」をきょう7月1日、「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」としてリブランドオープンした。

ヒルトン・ワールドワイドは、2014年7月に「ヒルトン沖縄北谷リゾート」、2012年4月に「ダブルツリーbyヒルトン那覇」を開業しており、沖縄県内の3軒のホテルを含む、日本国内13軒のホテルを運営することになる。

沖縄県の観光産業は、ビザの緩和、円安、航空便やクルーズの寄港の増加により、2021年までに観光客数は1,000万人、経済効果は1兆円にのぼると予測されている。国内からの空路での旅行者も、2020年までに最大7%増加することが見込まれている。

「ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城」は、オールデイ・ダイニング1軒、レストラン2軒、バー&ラウンジ2軒の計5軒の料飲施設のほか、568平方メートルのボールルームを含む、計1,728平方メートルのミーティング・イベント施設を有する20階建てのホテル。屋外プールやウエディングチャペルも備える。室数は333室。首里城へは徒歩15分、国際通りや牧志市場へは徒歩25分圏内、那覇空港へは車で30分ほど。

ヒルトン・ワールドワイド、日本・韓国・ミクロネシア地区の運営最高責任者であるティモシー・ソーパー氏は、「国内で人気の旅行先である沖縄において、当社の存在感をさらに強化することができた。この歴史のある沖縄の地に貢献できるよう、そして観光客や、国内、海外の企業のお客様のニーズに答えられるよう専念して参ります。」とコメントした。

オープンを記念し、7月1日から12月22日までに宿泊した「ヒルトンHオーナーズ」会員へは1,000ポイントをプレゼントする。

詳細はこちら