リゾートトラスト、「ホテルトラスティ名古屋白川」をオープン

trustynagoya

リゾートトラストは6月20日に、1974年12月から運営していた旧サンホテル名古屋ヴィア白川をリニューアルし、「トラスティ名古屋白川」としてリブランドオープンした。「ホテルトラスティ」としては8施設目、名古屋地区では3施設目のホテルとなる。

アクセスは地下鉄東山線「伏見駅」4番出口から徒歩5分と、ビジネスや観光で利用できる立地。客室は、ダークグレーとライトグレーの2色でシンプルにまとめるなど、「エレガントな空間」と「機能性溢れるデザイン」をバランスよく融合。客室Wi-Fiやデュべスタイルのベッドを採用したほか、11階のスーペリアフロアには、シャワーブース付きユニットバスが備わっている。

また、ホテルトラスティ名古屋白川内には、7月開業予定の「ハイメディック名古屋」の検診者向け客室を用意し、宿泊をしながら検診を受けられるようになっている。「ハイメディック名古屋」はリゾートトラスト子会社のハイメディックが検診を委託し、三大生活習慣病(がん、心臓病、脳疾患)などの早期発見を目的とする検診施設だ。

詳細はこちら