アメリカン航空、キューバ線就航許可を歓迎 マイアミとキューバ5都市を1日8便運航

アメリカン航空(メイン)

アメリカン航空は、アメリカ運輸省によるキューバ線就航の許可を歓迎する声明を発表した。

就航が許可されたのは、マイアミとカマグエイ、シエンフエゴス、オルギン、サンタクララ、バラデロのキューバ国内5都市を結ぶ路線。オルギン、サンタクララ、バラデロ線は1日2便、カマグエイ、シエンフエゴス線は1日1便を運航する。機材はオルギン、サンタクララ線はボーイング737-800型機、カマグエイ、シエンフエゴス、バラデロ線はエアバスA319型機を使用する。9月にも就航する予定で、アメリカン航空にとって初のキューバ線定期便となる。アメリカン航空は、マイアミ、シャーロット、ダラス/フォートワース、ロサンゼルスとハバナを結ぶ路線も就航しており、許可が得られ次第、就航を開始する。

マイアミのデイド郡はキューバ系アメリカ人の半数以上が居住しており、多くの需要を見込んでいる。

詳細はこちら