ベトナム航空、JALとの提携解消へ JAL「特に何も聞いていない」

JAL(メイン)

全日空(ANA)とベトナム航空がきょう5月28日に都内で開いた記者発表で、ベトナム航空が日本航空(JAL)と行っている共同運航(コードシェア)を解消すると発表したことに対し、JALの広報担当者は「特に何も聞いていない」とコメントした。

10月30日から始まる冬スケジュールより、ANAとベトナム航空は日本とベトナム国内の30路線と日本とベトナムを結ぶ国際線10路線でコードシェアを実施する。さらにANAマイレージクラブ会員はベトナム航空とのコードシェア便でマイルの積算が可能になるほか、ベトナム航空特典航空券への交換も可能になる。順次、日本とベトナムでのチェックインや貨物搭降載、地上支援、ケータリング、機体整備などの空港関連業務の相互受委託を実施する計画。ANAグループではベトナム航空に対して取締役1名を派遣する。

■関連記事
ANAホールディングス、ベトナム航空の株式取得で最終契約書締結 10月からコードシェア開始